カミソリ脱毛で注意すること3つ

カミソリ脱毛で注意すること3つ
サロンで脱毛してしまいたいけど、お金も時間もない・・・。そんなこんなでカミソリで脱毛処理をしている方も多いと思います。週に数回、それを何十年も続けてくるうちに、いつの間にか染みついたマイルール。正しいことも間違ったことも、いったんちゃんと見直してみませんか?

①逆剃りはNG

腕や足のムダ毛など、逆剃りをるするとツルスベに仕上がるんですよね。逆剃りとは、毛の流れに逆らってカミソリを当てる剃り方です。腕なら手首から脇、足なら足首から太ももの方向が逆剃りです。これをやっている人、多いと思います。逆剃りをしてしまうと、毛が流れに逆らって持ち上げられることで周りの皮膚も引っ張られ、カミソリの刃と接触してしまいます。そうすることで、角質まで剃り取ってしまうのです。

②複数処理はNG

同じ場所に何度も何度もカミソリを当てていませんか?思ったように処理できていないと、どうしても2回3回と剃ってしまいます。でもカミソリでのムダ毛処理はタダでさえ肌に負担がかかってしまうので、絶対に1回で済ましましょう。剃り心地の悪くなって何回も当てないと毛が処理できなくなった刃は、すぐに交換が必要です。

③利き手側の脱毛はより丁寧に

面倒くさくなってついついおざなりになってしまう脱毛。利き手でカミソリを握った後は、逆側の処理です。利き手とは逆側のてで刃物を扱うのは難しいですよね。方向や角度力の調整が利き手よりも難しいです。そのため利き手側のムダ毛は残りやすいのです。おざなりにすることなく利き手でカミソリを持つよりも丁寧に処理することが必要です。

カミソリでの脱毛処理はどうしても肌を傷めがちです。脱毛処理をした後はしっかりと保湿ケアしましょう。カミソリのデメリットは肌への負担が大きいことです。

この点は脱毛サロンや医療クリニックの脱毛のほうが優れている点でしょう。一見、医療クリニックの医療脱毛は高価でデメリットがないように感じますが、そうでもありません。
こちらなどを見ると医療脱毛のデメリットがいろいろとまとめられていました。
医療脱毛のデメリットってなんだろう?注意点を考えてみる

脱毛するには選択肢がたくさんありますので、どこが適切か考えておこなうことが重要です。肌を傷つけないように、ムダ毛をなくすことをこころがけましょう。
参考 日本医学脱毛協会 脱毛の選び方

難易度が高いデリケートゾーン脱毛の注意点

難易度が高いデリケートゾーン脱毛の注意点
デリケートゾーンの脱毛を考えている人が増えています。デリケートゾーンはとくに脱毛の難易度が高い部位です。ですのでデリケートゾーンを脱毛していく際には、なるべくリスクを減らしていくことが大事です。

■脱毛効果が高い施術を行なっている脱毛サロンを選ぶ

脱毛効果というのは、どこの脱毛サロンを選ぶかということで変わってくるポイントです。これは脱毛サロンによって導入しているマシンのスペックに違いがあるためです。また施術にあたるスタッフのスキルも、脱毛サロンによって変わってくる要素です。

こういった要素の違いによって、そこで発揮される脱毛効果にも違いが生まれています。デリケートゾーンの場合、肌に負担がかかりやすいですから、なるべく脱毛回数を減らして効果を得ていくということがリスクの回避につながります。

そのためには、なるべく脱毛効果の高い脱毛サロンを選ぶことが必要になってくるわけです。

こういった脱毛サロンのなかでおすすめなのはミュゼです。ミュゼでは特別な形式によるフラッシュ脱毛を扱っています。これが低刺激で高い効果を発揮できるので、デリケートゾーンの脱毛には適しています。

■肌に優しい施術をしている脱毛サロンを選ぶ

脱毛効果が高くても、肌に刺激が強い脱毛をしていては、デリケートゾーンの場合にはとくに好ましくありません。なので脱毛サロンを選ぶ際には、なるべく肌に負担が少ない脱毛をしているところを重視する必要があるでしょう。

■痛みの少ない施術を採用している脱毛サロンを選ぶ

肌に負担が少なく脱毛効果が高いサロンであっても、痛みが強いと脱毛を継続することが難しくなってしまいます。デリケートゾーンは痛みを感じやすい部位ですから注意が必要です。

悩みの青ヒゲをどうにかしたくて・・

悩みの青ヒゲをどうにかしたくて・・

・青ヒゲに悩む毎日

昔から困っていたのが濃いヒゲなのですが、特に嫌だったのが剃り跡が青くなってしまうこと。しかも泥棒ヒゲのように丸いかたちになりますから恥ずかしく思っていました。時には人に笑われてしまったりしたこともありますし、通勤で電車に乗っているのですが、ヒゲに視線を感じることもあってその度にどうにかしたいと思っていたのです。

・決断したサロンでの脱毛

もちろん毎日剃ったり、また、1日に何度も剃るなどして対処したこともありますが、シェーバーで剃るだけではどうにもなりません。そこで考えたのがサロンでの脱毛です。近頃では男性がサロンに行くのも珍しくないようですから行ってみようかなという気持ちも芽生えていました。

ただ、サロンへ行っても本当にキレイに脱毛ができるのか心配でした。かなり丈夫にヒゲが生えている状態でしたからプロに頼んでもダメなんじゃないかと思っていましたね。

・サロンで脱毛をした結果

わたしが利用したのはメンズTBCというサロンなのですが、ここを選んだ理由は美容電気脱毛という施術を受けられるから。
いろいろ調べてみたらこの施術が強力なようでしたし、脱毛ができたという方も多いようでしたから期待して受けるように。

施術を体験した感想としては、痛みが結構ありましたね。痛みがあるとは聞いていましたので覚悟はしていたものの、本当に痛くて途中で断念しそうになったほどです。
しかしながらそれでも我慢して脱毛を続けたのですが、我慢して心底良かったと思っています。仕上がりとしては本当にツルツルにしてもらうことができ、気になっていた青さがなくなりました。毎日のヒゲ剃りの手間も解消されましたから時間の節約にもなっています。

今となってはもっと早く受ければ良かったと思っていますし、ヒゲに困っている方に本当にお勧めしたいです。

無駄毛をガムテープで処理する問題点

無駄毛をガムテープで処理する問題点
無駄毛は見た目の美しさを損ないますから、何とかして余計な毛は処理しておきたいですよね。無駄毛を処理する方法はいろいろですが、ガムテープで無駄毛を処理しようと考えた事はありませんか?でも、ガムテープで無駄毛処理しても大丈夫なのでしょうか。ここで解説していきます。

・ガムテープで脱毛する人

 脱毛に関心がある人は多く自分で処理する方法も複数あります。そんな中、ガムテープで脱毛している人もいます。でも結論を先に言うとこれはお勧めはできません。脱毛テープで脱毛する方法もありますが、それの代わりにガムテープでする事は難しいです。ガムテープでも脱毛そのものはできますが、いろいろと皮膚に問題が起こります。

・梱包と原理は同じ

 ガムテープの使用は普通は梱包の時などです。普通のテープよりも粘着力が強くつくられています。例えば引越しの荷造りなどをした事がある人なら分かるでしょうが、梱包した後に剥がそうとしてもなかなか剥がれません。かなり粘着力は強力です。これと同じような事が肌にも起こります。強力に皮膚を引き上げ剥がしますから、皮膚そのものを剥がしてしまいます。

・埋没毛や色素沈着になる恐れがある

 ガムテープで脱毛する行為が原因で埋没毛になって皮膚の中に無駄毛が埋まる事もあります。加えて強力な粘着力でもって皮膚の角質を剥がしますから、毛穴から出血や皮膚がただれるなどのトラブルが出るようになります。このガムテープ脱毛を続けていくと、段々と毛穴や皮膚にダメージが溜まり、色素沈着して黒ずんだお肌になってくる恐れがあります。もともと無駄毛処理の目的でつくられている脱毛テープの代わりには、ガムテープはなりません。今している人もこれからガムテープで脱毛しようとしている人もやめておいた方がいいと言えるでしょう。